カテゴリー
堤税理士事務所・埼玉県さいたま市大宮区土手町3−88−1−3F

令和元年7月1日以降施行

自宅の生前贈与部分が遺産分割対象外
(持戻しされない)
預貯金の仮払い制度
遺言執行者の権限の改正
相続財産の登記で,遺言書があって,法定相続分を超える場合
は登記が必要
カテゴリー
堤税理士事務所・埼玉県さいたま市大宮区土手町3−88−1−3F

自筆証書遺言改正

自筆証書遺言の様式緩和
(所定部分はPCなどでの作成可など)
平成31年1月13日より
法務局での自筆証書遺言の保管制度令和2年7月10日より
カテゴリー
堤税理士事務所・埼玉県さいたま市大宮区土手町3−88−1−3F

遺留分制度

遺留分を侵害された者は、遺贈や贈与を受けた者に対し、

遺留分侵害額に相当する

金銭の請求をすることができるようになります。

令和元年7月1日以降

カテゴリー
堤税理士事務所・埼玉県さいたま市大宮区土手町3−88−1−3F

特別寄与料

令和元年7月1日以降施行

相続人以外の親族が、被相続人の療養看護等を行った場合、
「特別寄与料」の額が確定した場合には、当該特別寄与者
が、当該特別寄与料の額に相当する金額を

被相続人から遺贈により取得したものとみなして、
相続税を課税することとなりました


被相続人から遺贈によ
り取得したものとみなされますので、

特別寄与者には、相続税額の加算の適用があることになります。


当該事由が生じたこと
を知った日から10月以内に相続税の申告書を提出しなければならない


相続人が支払うべき特別寄与料の額は、当該相続人に係る相続税の課税価格から控除する

相続税における更正の請求の特則等の対象となる

カテゴリー
堤税理士事務所・埼玉県さいたま市大宮区土手町3−88−1−3F

非同居の相続人

被相続人の相続開始時に配偶者が同居していた場合には、
従前の「小規模宅地等の特例」の適用上では、

非同居の相続人につい
ては

小規模宅地等の特例」の適用は認められませんでしたが、

今後は配偶者居住権は配偶者が取得して

配偶者居住権付敷地を被同居の相続人が取得した場合

相続した者にも特例適用される場合があるだろうか?

カテゴリー
堤税理士事務所・埼玉県さいたま市大宮区土手町3−88−1−3F

配偶者居住権計算例

配偶者居住権に関する規定は、令和2年4月1日施行

計算例(各人により数字は異なります)

耐用年数22年木造

固定資産税評価額500万円

経過年数15年

残存年数

建物の相続税評価額(500万円)-

建物の相続税評価額(500万円)×

耐用年数22×1.5(非事業用33)-経過年数15-居住権存続年数15 ×
耐用年数22×1.5(非事業用33) -経過年数15

存続年数に応じた 民法の法定利率に よる複利現価率0.64

500万-(500万×3/18×0.64)=4466667円

 ※1 存続年数は、配偶者の平均余命年数を上限とする。

土地1億円(相続税評価)

1億円×0.64=6400万円(配偶者居住権付敷地価格)

敷地利用権

1億円-6400万円=3600万円

配偶者取得財産

4466667円+3600万円=40466667円

配偶者以外取得財産

533333+6400万=64533333

ご使用は自己責任でお願いします

カテゴリー
事業承継 30年からの特例措置

納税免除

後継者が亡くなるか,
2代目から
3代目に贈与をして
3代目が事業承継税制の適用を受
ける


場合


猶予打ち切りの場合,利子税がかかる

5年間事業を継続すれば,いったん免除される。
 


 

カテゴリー
事業承継 30年からの特例措置

先代⇒2代目⇒3代目への事業承継

先代経営者から贈与により
非上場株式等を取得し、
事業承継税制を適用していた場合には、
先代経営者の死亡により、
納税が猶予贈与税の納付が免除されるが
相続税の課税対象となるため
この場合,
事業承継税制(相続税)を
受けることも可能



贈与者が死亡した場合には、
猶予されていた贈与税は免除された上で、
贈与を受けた株式等を贈与者から
相続又は遺贈により取得したものとみなして相続税が課税されます
(贈与時の価額で計算)。

その際、都道府県知事の確認(「切替確認」)を受けることで、
相続税の納税猶予を受けることができます。
 


先代経営者からの
事業承継税制を
適用していた
二代目の後継者
事業継続要件
等を満たし、
三代目の後継者に対して
その非上場株式
等を贈与した場合
二代目の後継者は
納税猶予対象の贈与税の納付が免除


売却額や廃業時の評価額を基に納税額を計算し、
承継時の株価を基に計算された納税額との差額を減免。
経営環境の変化による将来の不安を軽減。
○5年間で平均8割以上の雇用要件を未達成の場合でも、
猶予を継続可能に
(経営悪化等が理由の場合、認定支援機関の指導助言が必要)
堤友幸税理士事務所は認定支援機関です
お気軽にご相談下さい。

カテゴリー
事業承継 30年からの特例措置

贈与時における事業承継税制

平成30年より5年以内に特例承継計画を提出し、
10年以内に実際に承継を行う者が対象
平成30年1月1日以後の贈与・相続が対象


○対象株式数の上限を撤廃し全株式を適用可能に。
また、納税猶予割合も100%に拡大することで、承継時の税負担ゼロに。
○親族外を含む複数の株主から、
代表者である後継者(最大3人)への承継も対象に。
中小企業経営の実状に合わせた、多様な事業承継を支援。
贈与時における事業承継税制とは
 
後継者が
経営者から贈与により取得した
都道府県知事の認定を受けた
非上場会社の株式等の全額が
納税猶予・免除される制度です。


事業承継税制(贈与税)の適用中に、
先代経営者(贈与者)が死亡した場合には
後継者の
納税猶予された贈与税は
免除されますが
 
贈与された株式等が
相続又は遺贈により取得したものと
してみなされ、
相続税が課税されます
 
しかし
所定の記載をした相続税の申告書の提出など,
一定の手続きにより、


事業承継税制(相続税)
の適用を受けられます。
 
 

カテゴリー
048(648)9380お気軽にご相談下さい。

ご依頼方法

ご契約までのご相談の流れ

  • 税務のプロとして、相続税,相続,遺産分割, 相続税申告書作成,に関わる諸問題に関し、的確に対応いたします。

    お問い合わせ

    まずはお電話でお気軽にご相談下さい。
    その際「ホームページを見た」とおっしゃっていただければスムーズです。

    または、お問い合わせフォームにてお問い合わせください

    お電話またはメールで概要をお伺いいたします、日時を決めていただき

    面談させていただきます。

    1内容、財産状況のヒアリング

    おおまかな内容の状況をお聞かせ下さい。

    2サービス内容のご説明

    当事務所で提供させて頂くサービスの内容をご説明致します。

    3ご希望税理士料金のヒアリング

    お客様の状況に応じた税理士料金及びサービスのご希望をお伺いいたします。

    4報酬見積額のご呈示

    申告報酬の見積額をご提示致します。

税理士・経営理念

「適正税理士料金と高品質税理士業務の遂行により
税理士が地域の皆様の身近な相談相手になること、
皆様のお役立てることを目指しています」

  • 堤税理士事務所は、中小企業庁から認定された、経営革新支援機関です。
    関東信越税理士会大宮支部
    日本税理士会連合会会員
    TKC埼玉県さいたま中央支部日本行政書士連合会会員 
    税理士略歴
    税理士略歴
    埼玉県さいたま市大宮税理士会で調査研究部員、
    学術研究部員を歴任
    TKC埼玉県さいたま中央支部にて理事、委員長を経験
    さいたま商工会議所、大宮区商工振興委員を歴任
    埼玉県税理士会会報に、論文の掲載実績があります。
    税務調査の経験も豊富で、実績、豊かな税理士です。
    • 当事務所は、税理士開業以来25年にわたり
      埼玉県さいたま市で
      埼玉県東京などの地域の皆様にお役に立てるよう
      努力してまいりました。

      今後も会社顧問税理士、相続税のご相談など
      皆様のお役に立てるよう、
      格安料金と高品質税理士業務の両立を目指して
      努力していく所存です。
      お気軽にご相談下さい。
      048(648)9380

    ニュース 当事務所所属税理士出版物