カテゴリー
土地の評価

不整形地

路線価方式により評価する宅地の価額は、
その宅地の面する路線に付された
路線価を基とし、
宅地の奥行距離に応じる
奥行価格補正、
側方路線影響加算、
二方路線影響加算、
三方路線影響加算
四方路線影響加算、
不整形地等の修正等を行って算出
不整形地
不整形地の価額は、
不整形の程度、位置及び地積の大小に応じ、
付 表4「地積区分表」)の地区区分及び地積区分に応じた
付表5「不整形地補正 率表」
の補正率を乗じて計算します。
計算方法

(イ) 不整形地を区分して求めた整形地を基として計算する方法
(ロ) 不整形地の地積を間口距離で除して算出した
計算上の奥行距離を基として求めた
整形地により計算する方法
(ハ)不整形地に近似する整形地
(「近似整形地(想定整形地)」)を求め、
想定整形地を基として計算した
陰地割合に対応する、
「不整形地補正率」により計算する方法

(ニ) 近似整形地を求め、
隣接する整形地と合わせて全体の整形地の価額
の計算をしてから、
隣接する整形地の価額を差し引いた価額を
基として計算する方法
詳細は 税理士 行政書士 堤友幸にお問い合わせください
048(648)9380

「特定路線価」

路線価地域内において、
路線価の設定されていない道路のみに接して
いる宅地を評価する必要がある場合には、
税務署に申し出て、
宅地を評価するための路線価の設定を申請ができます。
がけ地等
がけ地等で通常の用途に供することができないと
認められる部分を有する宅地の価額は、
その宅地のうちに存する
がけ地等ががけ地等でないとした場合の価額に、
その宅地の総地積に対するがけ地部分等
通常の用途に供することができないと認められる
部分の地積の割合に応じて
付表8「がけ地補正率表」
に定める補正率を乗じて計算した価額によって評価します
借地権割合
A 90%
B 80%
C 70%
D 60%
E 50%
F 40%
G 30%

カテゴリー
堤税理士事務所・埼玉県さいたま市大宮区土手町3−88−1−3F

居住用土地建物の譲渡

親が介護施設などに入居し
親名義の空き家になった土地建物等の譲渡をした場合
生前に
居住用財産を譲渡した場合
通常3000万円の特別控除があります
居住しなくなってから
3年目の年末までに譲渡すれば適用される場合もあります
期限後申告でも3000万円控除は
一定の要件のもと適用されると思われますが
申告が要件なので
税務署に
申告漏れを指摘され課税された場合
原則適用されないことになります
税額が発生した場合
無申告加算税 延滞金が発生します
3000万控除を控除した金額が
(所有期間10年超の場合)
6000万円以下の部分→10%
6000万円超の部分→15%
所有期間5年以上
10年未満の場合は
税率15%
短期譲渡の場合
でも
3000万円特別控除が適用できます。
税率30%
短期譲渡所得
原則→30%
ただし、国等に対する譲渡で一定要件に該当する場合→15%
ほかに住民税が課税されます
平成25年から平成49年までは、
復興特別所得税として基準所得税額の2.1%を
申告・納付することになります

カテゴリー
貸付金未収金

相続財産である会社に対する貸付金対策

個人が会社に貸付けていた金銭
いわゆる貸付金も相続財産となる。
会社から見れば借入金になるのだが
債務超過の会社
である場合には
相続財産とされないために
以下のような方法を
生前に実行することも有効である
と思われる
詳細は税理士にご相談ください


資本金額を現金で増資する
増資しても債務超過の場合には
小会社の場合
株価は純資産価額で評価するので
増資してもなお債務超過であれば
株価は額面価格より低額になり
0円で評価される場合もあります
ただし
借入金をそのまま資本に組み入れたと
みなされた場合には
時価課税される場合もあり
その場合には会社に受贈益(法人税)課税の問題が
株主が複数いる場合には贈与税が課税される可能性がありますが
その辺は自己責任となりますが

カテゴリー
預貯金

配偶者税額軽減と名義預金

夫婦間や扶養義務者相互間の生活費の贈与は
非課税とされています
非課税とされるのは生活費として消費した場合であって
蓄積した場合(いわゆるヘソクリ)は
名義預金として
相続人に対する相続開始前3年以内の贈与は
相続財産として確実に課税されるものとおもわれます
それ以前の
贈与も贈与の事実が立証できなければ
相続財産として課税される場合があります
 
配偶者の税額の軽減は
相続税の申告期限までに分割されていない財産
は税額軽減の対象になりません
税務調査で家族名義の預金を相続財産と認定された場合や
申告漏れ財産は通常
税額軽減の対象にならないと思われますので注意が必要です
配偶者の税額の軽減は
相続税の申告期限までに分割されていない財産
は税額軽減の対象になりません
申告書に記載されていない財産(後日発見された財産など)について
遺産分割協議書の作成にも工夫が必要です
詳細はお問い合わせください

カテゴリー
未分類

もめない遺言書の作り方

遺言書を作成する場合
相続人の遺留分を侵害してしまうと 、
相続人の間で争いが起きることが多いように感じます
遺留分に留意した遺言書を残したり、
生命保険を活用したりしてなるべく、争いを避けるようにしたいものです。
また 、遺言書の最後に必ず付言事項を付け加え
財産の取得が多い者に対するその理由 (事業継承の必要性など)
特に財産の取得が少ない家族に対する感謝の気持ちや愛情を表現することも
重要だと思われます
また遺言執行者を遺言書に必ず規定しておくことが
円滑な遺言執行にあたり重要です

カテゴリー
堤税理士事務所・埼玉県さいたま市大宮区土手町3−88−1−3F

土地評価の基本2

土地の登記されている単位を

筆と言いますが

例えば

1つの自用宅地(自宅敷地)が2筆以上の宅地からなっている場合は

2筆以上の宅地を合計で評価します

       合わせて500㎡以上あれば

広大地の適用がある可能性があります


アパートの敷地と
駐車場が
道路で区分されていなくて
一体利用されて
いる場合には
合わせて評価することになると思われます
この場合
合計して500㎡以上の土地は
広大地の適用がある可能性があります

カテゴリー
土地の評価

土地評価の基本

カテゴリー
土地の評価

土地評価1

登記地目は田であっても、
課税時期にその上に建物が建っていれば、
宅地として評価することになります。


アスフアルト舗装を設け容易に建物敷地にできない状態で
10年前から月極駐車場用地として利用されている場合
はすでに宅地とはいえず。
登記上の地目は雑種地に該
当するとおもわれます。
したがって、その駐車場用地が、
自宅敷地と隣接している場合であっても
評価上の区分が別になるので、
自宅敷地とは、区分して評価する必要があると思われます。
 
 

カテゴリー
堤税理士事務所・埼玉県さいたま市大宮区土手町3−88−1−3F

事業用小規模宅地添付書類

申告書第11・11の2表の付表
○申告書第11・11の2表の付表1(別表)  

遺言書又は遺産分割協議書の写し
印鑑証明書

「印鑑証明書」は必ず原本を提出してください。
一定の郵便局舎の敷地の用に供されている宅地等の場合には、
総務大臣が交付した証明書

カテゴリー
堤税理士事務所・埼玉県さいたま市大宮区土手町3−88−1−3F

相続税の還付をご希望

 
過去5年以内の相続税申告について、
土地などの評価方法などにより
相続税が還付される場合があります。
(査定料金は5万円です)
相続税の見直しは当事務所にお任せ下さい。
納付済みの相続税が返ってくるかどうか、
相続税専門の当事務所の税理士がお調べいたします。
過去の申告書をお持ち下さい