高額特定資産

このエントリーをはてなブックマークに追加

税抜1,000万円以上の棚卸資産
又は

1,000万円以上の調整対象固定資産

 税抜1,000万円

引取運賃等又はその資産を事業の用に供するために必要な費用は含まない

 共有

 持分割合に応じて判定

共有物については
各人の持分で1000万円の判定
1800万/2=900<1000

高額特定資産の仕入れ等の日の属する
課税期間の初日以後3年を経過する日
の属する課税期間まで,
本則課税が強制適用

 高額特定資産を自己建設

 課税仕入れの累計額が
1,000万円以上となった課税期間において
,自己建設高額特定資産を取得
したものとします
 自己建設期間中に
免税事業者であった期間や
簡易課税適用期間

ある場合には,

これらの期間中に行った
課税仕入れは課税仕入れの累計額には算入しない
 本則課税の適用期間中に高額特定資産を
取得した場合
 高額特定資産を取得し
た日の属する
課税期間の初日から3年を経
過する日の属する課税期間の初日の前日までの間は
  「簡易課税制度選択届出書」
を提出できない
 「簡易課税制度選択届出書」の提出後に高
額特定資産を取得した場合には,
 その届出
書の提出はなかったものとみなされます

Follow me!