特定期間の課税売上が1,000万円超

このエントリーをはてなブックマークに追加

その課税期間の基準期間における
課税売上高が
1,000万円以下であっても


特定期間(※)の課税売上高が1,000万円を超えた場合、


当課税期間から課税事業者となります。


なお、特定期間における

1,000万円の判定は、
課税売上高に代えて、
給与等支払額の合計額

によることもできます

※ 特定期間とは、


個人事業者の場合は、
その年の前年の1月1日から6月30日まで、

法人の場合は、
原則として、

(短期事業年度に該当する場合を除き)注2
その事業年度の
前事業年度開始の日以後6ヶ月
の期間をいいます。


短期事業年度とは 7月以下であるものその他一定のものをいう

短期事業年度とは2

その事業年度の 前事業年度が短期事業年度である法人の特定期間 は   その事業年度の前々事業年度 (その事業年度の基準期間に含まれるものその他一定のものを除く) 開始の日以後6月の期間 (前々事業年度が6月以下の場合には、 その前々事業年度開始の日からその終了の日までの期間)  

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です