このエントリーをはてなブックマークに追加

個人事業者についてはその年の前々年をいい、


法人についてはその事業年度の

前々 事業年度

(当該前々事業年度が1年未満である法人については、

その事業年度開始 の日の2年前の日の前日から

同日以後1年を経過する日までの間に

開始した各事業 年度を合わせた期間)をいう。

基準期間が一年でない法人は

基準期間中の課税資産の譲渡等の対価の額から

対価の返還額を控除した金額を

基準期間の月数で割り

12倍したものが

基準期間における課税売上高になる

個人事業者で年の中途で開業した場合、 課税期間は 1月1日から12月31日までとなるため、 基準期間はその年1年間となる 個人事業者は基準期間の 課税売上高を1年分に換算する必要はない。  

基準期間における課税売上高は

原則として税抜の金額で判定するが

基準期間が免税であった場合には、

税込で判定する。

Follow me!